映画『はやぶさ HAYABUSA』君は燃え尽きた。そして星になった。

2010年6月13日。はやぶさ完全燃焼。

大気圏の中を燃え尽きていく『はやぶさ』の姿に

涙した人も多かったことと思います。

こんなことを言うと、関係者の方々に怒られてしまいますが、もし『はやぶさ』が、イトカワから

何ひとつ持って帰れなかったとしても、『はやぶさ』を責める人は

いなかったような気がします。

それほど、最期の姿は

私たちに何かを残してくれました。

当時、日本では『はやぶさ』ブームが起こり、短期間のうちに、4本もの関連映画が

作られたと記憶しています。

どの製作会社も封切り一番乗りを

目指していたでしょう。

4番目だと、内容がどれほど良くても、ヒットは見込めませんからね。

で、一番早かったのが本作です。

さすがは堤幸彦監督。

できる人というのは、勝負所をきっちり抑えてきますね。

本日、11月3日がお誕生日ということで、おめでとうございます。

それで肝心の内容のほうなんですが、始めから終わりまで、まったく退屈せずに観ることができました。

まさか漁業組合との折衝まで

『はやぶさ』プロジェクトの 仕事のうちに入っていたとは

夢にも思いませんでした。

成功の影には『はやぶさ』のために、自分たちの仕事を犠牲にしてくれた

漁師さんの協力があったのですね。 width="800" height="335" class="alignnone size-full wp-image-23099" > 宇宙開発といえばアポロ計画や スペースシャトルなど、莫大な予算をかけて行うもの という先入観がありましたから、日本のあまりの規模の小ささに

正直驚かされました。

ダイオード1個を載せる載せないで

大げんかになるほどのギリギリさ。

ご本人たちは真剣そのものですが、見ているこちらのほうはついついつい

顔がほころぶのを抑えきれませんでした。

エンディング・ロールで、次々に映し出される、歴代のロケットや

人工衛星の造形がとても美しかったです。

気の遠くなるほどの試行錯誤と

失敗の積み重ねがあったからこそ

『はやぶさ』プロジェクトは大成功した、ということがよくわかるエンド・ロールでした。

日本のロケット開発の父と言われる

糸川博士をはじめ、宇宙開発の火を 大切にともし続けてきた先人たちに 栄光を帰すつくりとなっていたことに

とても好感を持ちました。

与えられたミッションを全力でこなし、最後には燃え尽きていった『はやぶさ』は

私たち日本人の誇りでもあります。

与えられたミッションから、一瞬たりとも

目をそらさなかった『はやぶさ』のように 残された人生をせいいっぱい

完全燃焼していきたいものです。