『水戸黄門』の2番の歌詞が許せない。

あとから来たのに追い越され

泣くのが嫌なら さあ 歩け

歌詞の内容は素晴らしい。

しかし文法的には疑問だ。

視点がずれている。

あとから来たのに追い越され」た人を、仮にAさんとする。

泣くのが嫌なら さあ歩け

と叱咤激励している人をBさんとする。

あとから来た人に 追い越されるのがくやしいのなら、 さあ、歩きなさい

とBさんはさとしている。

そう考えることにあなたも異論はないと思う。

問題となるのは「あとから来たのに」の部分だ。

これはAさんの主観である。

Aさんはおそらく年功序列主義者なのだろう。

一方のBさんがどういう主義の持ち主なのかは分からない。

だが、少しは予測がつく。

Bさんは、Aさんに共感していない。

Aさんが

「あとから来たのに!

あの野郎、追い越しやがって!」

と憤慨しているのを、Bさんは

「ふ~ん、君ってそういう人なんだ?」 と、割と冷めた目で見ていることが 「泣くのがイヤ“なら”」の

“なら”に現われている。

「追い越されるのってイヤだよね。

分かる、分かる。だからがんばろうよ」

とは思っていない。

もし思っているなら、Bさんは

「あとから来たのに追い越され

泣くのはヤだから さあ 歩こ♪」

あるいは

「泣くのはヤだよね じゃあ 歩こ♪」

と歌うはずだ。

また、そう歌ってくれれば、文法上もスッキリする。

だが、現状の歌詞では、前半部分はAさんの主観だったのが、後半になるとBさんの主観にスライドしている。

そのため、カラオケなどでこの歌を耳にすると、とたんに落ち着かない気分になり、冷や汗がにじみ出てくる。

どこかの部屋から、ダッダダダダッ♪ という、ディープ・パープルの「チャイルド・イン・タイム」のようなボレロ風イントロが聞こえてきたら、もうダメだ。

主観の“ねじれ”を何とかせねば!

と焦ってしまう。

“ねじれ”が発生すると分かっていて、見て見ぬ振りをするわけにはいかないのだ。

ドアの陰に身を隠し、息を殺してじっと待つ。

1番が終わり、2番が佳境に入っていく。

やがて問題の箇所にさしかかる。

「あとから来たのに追い越され……」

この一瞬を逃さず、すかさず

「たと」

と、つぶやく。

……ミッション終了。

どうにか文法の“ねじれ”を

くいとめることができた。

今日もまた日本のどこかで

「水戸黄門のテーマ」が歌われるだろう。

私の世直し行脚は今日も続く。

しかし、むなしい。。。