マガジン読者アンケートにダブル当選しました。

少年マガジンRで、5,000円分の商品券、別冊少年マガジンで、2,000円分の図書カード

が当たりました。

ありがとうございます。

写真は少年マガジンRの読者アンケートで当選して送られてきた5,000円分の商品券です。

図書カードは以下の4枚でした。

田中芳樹・原作、荒川弘・漫画「アルスラーン戦記

写真は田中芳樹・原作、荒川弘・漫画「アルスラーン戦記」の500円分図書カードです。

石塚千尋・著「ふらいんぐうぃっち

写真は石塚千尋・著「ふらいんぐうぃっち」の500円分図書カードです。

山口ミコト・原作、佐藤友生・漫画「トモダチゲーム

写真は山口ミコト(原作)、佐藤友生(漫画)「トモダチゲーム」の500円分図書カードです。

諫山創・著「進撃の巨人

写真は諫山創・著「進撃の巨人」の500円分図書カードです。

よく見ると、「進撃の巨人」の図書カードだけ

コピーライトの表記がありません。

余計な文字を一切排除した

デザイナーさんのこだわりと、諫山創先生の寛大さに

感銘を受けました。

使うのがもったいなくなります。

ところで電子書籍版と紙書籍版、どちらで応募したほうが当選の確率が高いのか、気になるところですよね。

私の場合はいつも紙書籍版を購入、普通ハガキでアンケートを出しています。

どちらも発売後、一週間以内に

ポストに投函したと記憶しています。

もちろんそうしたからといって

当選する確率があがるかどうかは

まったくわかりません。

あくまでも、ひとつの事例として

参考程度にとどめていただければと思います。

講談社さま、ならびにマガジン編集部の皆さま、どうもありがとうございました! 追記: タイトルの「ダブル当選」はどうも誤用っぽいですね。 「両方に当選」が正しいのかな。 自戒の意味を込めて、このまま恥をさらしておきます。 以下、講談社さまからの封筒や 中に入っていたお手紙の画像です。