超弩級の連作短篇マンガ「C.M.B.森羅博物館の事件目録」加藤元浩・著

マイ・ベスト・オブ「C.M.B.森羅博物館の事件目録」

40巻出ています。(2019年5月現在)

連作短編集なので、どこから読んでも面白いです。

以下、マイ・ベスト10です。

第07巻 Op.14: ザ・ターク The Turk

18世紀に作られた、チェスを指す

カラクリ人形「ザ・ターク」が

博物館内で森羅くんと勝負をします。

その最中、何者かにより

高価な人形が盗まれてしまいました。

建物の出入り口にはすべて警備員が配置されており、あやしい動きをした招待客は一人もいません。

犯人は誰か? どのように侵入し、人形を盗み出したのか?

第08巻 Op.16: メテオライト A meteorite

メテオライトとは隕石のこと。

ロシアとカザフスタンの国境付近に

巨大なクレーターができていました。

500キログラム級の隕石が落ちたようです。

ようです、というのは隕石自体、影も形も見当たらないから。

時価にして1億円相当の隕石はどこに消えたのか?

落ちたのは本当に隕石だったのか?

そもそも隕石は本当に落ちたのか?

ところで、日本の法律では、落ちた隕石が地上にあるか、地中にあるかで、所有権が違ってくるのだそうです。

半分埋まってたらどうするんでしょうね。

第09巻 OP.19: 太陽とフォークロア The Sun and a Folklore

インカ帝国が残した「太陽の神殿」。

中は迷路になっていて、その先には

黄金郷があると言われていますが、未だ見つかっていません。

その中で大学の教授が行方不明に。

後に遺体となって発見されます。

途中の見開きページの美しさ。

だからこそエンディングが、いっそう切なく心にひびきます。

第10巻 OP.24: 地球最後の夏休み Summer Holiday at the World End

夏休み最後の日、『後のことなんか知らねェよ!海行くぜ』計画に参加した高校生男女たち。

海の家のお姉さんが超美人です。

彼女から、海岸のはずれにある

洞窟にまつわる怪談話を聞き、一同は探検に出かけます。

「地球が終わるまで夏は繰り返すけど 私が見られる回数は きっと決まってるんだ」

私たちはあと何回、夏を見られるでしょうか……。

サブストーリーとして差し挟まれる、海に“行かなかった”組のエピソードが、物語をいっそう深いものにしています。

第17巻 Op.49: モザイク Mosaic

新進気鋭の建築家・南條。

彼との出世競争に負けた北見は 南條の建築のうちのあるひとつの壁を壊せと

執拗に要求します。

そこには先輩の死体が埋まっているはずだ、と。

驚愕の結末。

第20巻 Op.59: 木片 A Piece of Wood

江戸時代、二人の仏師の物語。

芸道ものとか、修業ものとかが

好きな人にはたまらない一編。

そして何よりもこの世界観は

マンガでしか表わせないでしょう。

読んでいる間、ずっと背筋が震えっぱなしでした。

「読者が選ぶベスト・エピソード・オブ『C.M.B.』」

なるものがあったとして、上位には来ないかも知れませんが、個人的にはベスト3に入ります。

第25巻 Op.77: バッグストーリー The Bag Story

ダンテの「考える人」は何を考えているのか?

答えを見つけてきたほうに欲しいものを売ってやる

と言われた森羅くんと新米バイヤー。

森羅くんはもちろん

非の打ち所のない答えを見つけてきます。

勝負はそれで決まりかと思われたのですが……。

第31巻 Op.101: 第27回探偵推理会議 27th Detective Conference

あるマジシャンが引退公演の最中、死亡しました。

果たして自殺か、他殺か。

他殺だとしたら誰が、どのように?

賞金100万円をかけて“自称”探偵たちによる

推理合戦が繰り広げられます。

第32巻 Op.103: 混信 Interference

小学生の善広はクリスマスプレゼントに

親からトランシーバーを買ってもらいます。

弟と遊んでいると、混信により

別の音声が聞こえてきました。

どうもあまりガラの良くない若者のようです。

その後も混信がたびたび起こり、善広と若者は会話を交わすようになります。

しかし若者はかなり危険な状態にあるもよう。

善広は森羅くんに助けを求めます。

衝撃の最終ページ……。

第37巻 Op.122: 鉱区A-11 Mining Area A-11

舞台は2075年の宇宙空間。

たった一人しか住んでいない惑星で、そのたった一人の人間が射殺されました。

ロボットは「三原則」により、殺人はできません。

また銃にはAIが内蔵されているので、自殺もできません。

未来の(?)立樹ちゃんと森羅くんが

究極のナゾにいどみます。

。。。以上です。

今回は選びませんでしたが、「第19巻 Op56: 大統領逮捕事件」

では、加藤元浩先生の代表作のひとつ 「Q.E.D.」の主人公・澄馬想くんとの

法廷対決があり、こちらも屈指の名篇です。

また加藤先生の書き下ろしノベル

「捕まえたもん勝ち!」とのコラボも、「第33巻 Op.109: 見えない射手」

「第36巻 Op.119: かすみ荘事件」

で読むことができます。

今後も加藤元浩先生の作品からは

目が離せません。

月刊少年マガジンにて絶賛連載中!

〈加藤元浩先生 関連記事〉

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」シリーズ

マウ、森羅にすがる。加藤元浩・著「C.M.B. -カメオグラス-」月マガ2019年12月号感想

加藤元浩・著「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」42巻「月下美人」感想

幸せは香りを放つ。「C.M.B.『歯医者』」加藤元浩・著(月マガ2019年11月号)感想

ガラスの地球が壊れる前に。「C.M.B.『透明魚』」加藤元浩・著(月マガ2019年10月号)

“彼女の名誉を守れ”「C.M.B.『気の合わないヤツ』」加藤元浩・著(月マガ2019年9月号)感想

泥の中に咲く蓮。「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」‘死体がない!’ 加藤元浩・著

蛇行する“石”の謎。「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第41巻 加藤元浩・著

超弩級の連作短篇マンガ「C.M.B.森羅博物館の事件目録」加藤元浩・著

「Q.E.D. 証明終了」シリーズ

山伏村殺人行。加藤元浩・著『その世界』「Q.E.D. iff」(マガジンR2019年6号)

加藤元浩・著「Q.E.D. 証明終了」のアソビ部分を集めてみました。

復讐はショパンの調べ。「1億円と旅する男」感想「Q.E.D. iff -証明終了-」加藤元浩・著

美しい思い出だけを。「メモリ」感想「Q.E.D. iff -証明終了-」加藤元浩・著

女盗賊“ルージュ”の完全犯罪。「Q.E.D. iff -証明終了-」第13巻。加藤元浩・著

面白マンガ6冊。「Q.E.D.」加藤元浩、「ブルー・ジャイアント」石塚真一、他。

「捕まえたもん勝ち!」シリーズ

七夕菊乃 in コミックス「Q.E.D. iff」&「C.M.B.」加藤元浩・著

“あの人”に贈る殺人。「奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!3」加藤元浩・著

七夕菊乃vs.量子人間「捕まえたもん勝ち!2」加藤元浩・著

顔はアイドル、武器はめげない気持ち。「捕まえたもん勝ち!」加藤元浩・著