マウ、森羅にすがる。加藤元浩・著「C.M.B. -カメオグラス-」月マガ2019年12月号感想。

月刊少年マガジン2019年12月号(11月6日発売)に掲載されている加藤元浩先生の作品「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」〈Op.144 カメオグラス Cameo Glass〉のレビューをさせていただきます。

あらすじ(途中まで紹介しています)

非合法な美術品取引を得意としているゴスロリ少女“ブラック・マーケットの魔女”の異名をもつマウ・スガールがひさびさに姿を現わしました。

名前こそ、女版“ねずみ小僧”を連想させますが、義侠心などはこれっぽちも持ち合わせていません。

榊森羅(さかき しんら)くんが経営する博物館にやって来た早々、毒を吐きまくります。

ツイッターをやったら炎上させまくるのは間違いないでしょう。

マウが持ちこんできたのは骨董品のランプ。

本物かニセモノかを森羅くんに鑑定してもらおうというのです。

元貴族の老人が、妻の手術費用を作り出すために家宝を手放さなければならなくなったとのことです。

そのランプは、マウの見込みどおりなら、老人が考えている何倍もの価値があるはず。

マウにとっては降って湧いたようなボロ儲けのチャンスです。

森羅くんと七瀬立樹(ななせ たつき)ちゃんの立ち会いのもと、鑑定が取引が行なわれました。

老人は、がんじょうなケースからランプを取り出します。

慎重に鑑定する森羅くん、ランプを「本物」と判定しました。

マウは喜び勇んで、小切手を切ろうとします。

が、このときアクシデントが。

老人が突然、売るのを渋り出したのです。

「これは恐らくニセモノだから、売ってしまうとあなたに迷惑をかけてしまう」

ネギをしょったカモが今にも飛び去っていこうとするのを必死でとめるマウ。

「じゃあ買値を上げるから」

と言っても、老人は首を縦に振りません。

すったもんだの末「ランプがニセ物だったとしても 文句は言わない」 という一筆を入れることでようやく話はまとまりました。

最初の予定よりも高い買い物となってしまいましたがとにかくブツを手に入れたマウ。

あらためて科学的な鑑定をしてもらうと‥‥なんと、ランプはニセ物!

森羅くんの鑑定ミス?

いえいえ、そんなことはありません。

老人はあるトリックを使いみんなが見ている前でニセ物とすり替えたのです。

ですが、いったいどうやって?

さらにやっかいな問題があります。

「ニセ物でも文句は言いません」という文書を、マウは残してしまっているのです。

ネギをしょったカモはじつは老人ではなくマウのほうでした。

このままでは“ブラック・マーケットの魔女”の威信がガタ落ち、マウは商売を続けることができなくなります。

はたしてマウは、老人を捜し出し、本物を手に入れることができるのでしょうか!?

感想。。。

老人の巧妙なすり替えを、森羅くんは感づいていたようです。

それでも指摘しなかったのは「悪いことだーい好き!」なマウにお灸をすえたかったのでしょう。

奪い合い、だまし合いの世界に身を沈めていると、いつかは大ケガを負ってしまう‥‥。

そうなる前に、なんとか足を洗ってほしいというのが 友人としての森羅くんの願いなのかも知れません。

それはそれとして、マウが登場すると、ストーリーが とても明るく軽快に進んでいくのも事実です。

マウが本来もっている物事にこだわらない カラッとした性格のおかげでしょう。

助けてもらったお礼に、マウは森羅くんにある情報を提供します。

森羅くんが大英博物館から与えられた“知の守護者”の 象徴である3つの指輪が 取り上げられるかも知れないというのですが──

これはいったいどういうことか。

波瀾必至の次号を待ちましょう。

最後に。

いつものことですが、今回も作画が素晴らしかったです。

ロンドンのビッグベンの精密さ。

ランプ・シェードにほどこされた彫刻を照らし出す明かりの表現、等々。

プロの巧を堪能させていただきました。

〈加藤元浩先生 関連記事〉

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」シリーズ

マウ、森羅にすがる。加藤元浩・著「C.M.B. -カメオグラス-」月マガ2019年12月号感想

加藤元浩・著「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」42巻「月下美人」感想

幸せは香りを放つ。「C.M.B.『歯医者』」加藤元浩・著(月マガ2019年11月号)感想

ガラスの地球が壊れる前に。「C.M.B.『透明魚』」加藤元浩・著(月マガ2019年10月号)

“彼女の名誉を守れ”「C.M.B.『気の合わないヤツ』」加藤元浩・著(月マガ2019年9月号)感想

泥の中に咲く蓮。「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」‘死体がない!’ 加藤元浩・著

蛇行する“石”の謎。「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第41巻 加藤元浩・著

超弩級の連作短篇マンガ「C.M.B.森羅博物館の事件目録」加藤元浩・著

「Q.E.D. 証明終了」シリーズ

山伏村殺人行。加藤元浩・著『その世界』「Q.E.D. iff」(マガジンR2019年6号)

加藤元浩・著「Q.E.D. 証明終了」のアソビ部分を集めてみました。

復讐はショパンの調べ。「1億円と旅する男」感想「Q.E.D. iff -証明終了-」加藤元浩・著

美しい思い出だけを。「メモリ」感想「Q.E.D. iff -証明終了-」加藤元浩・著

女盗賊“ルージュ”の完全犯罪。「Q.E.D. iff -証明終了-」第13巻。加藤元浩・著

面白マンガ6冊。「Q.E.D.」加藤元浩、「ブルー・ジャイアント」石塚真一、他。

「捕まえたもん勝ち!」シリーズ

七夕菊乃 in コミックス「Q.E.D. iff」&「C.M.B.」加藤元浩・著

“あの人”に贈る殺人。「奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!3」加藤元浩・著

七夕菊乃vs.量子人間「捕まえたもん勝ち!2」加藤元浩・著

顔はアイドル、武器はめげない気持ち。「捕まえたもん勝ち!」加藤元浩・著