『新・男はつらいよ』04作目(1970)財津一郎の居直りドロ。森川信の婦系図。

マドンナ = 栗原小巻

ゲスト = 財津一郎、三島雅夫

シリーズ全48作のうち、第3、第4作だけが

山田洋次監督作品ではありません。

第4作『新・男はつらいよ』は

小林俊一監督がメガホンをとりました。

2020年から数えると50年前のことです。

ちなみにこのときの同時上映作品は

アッと驚く為五郎』でした。

そそられるタイトルですね。観たいです。

(当時は1回の入場で、2本観られました) 48作が出そろってから、久しい時がたちました。

4作目などまだ序の口、ひよっこみたいに感じられますが、考えてみればシリーズが48本も続くほうが稀有です。

現代でさえ、パート4まで行けたら

その映画は長寿シリーズと言ってよいでしょう。

その4作目にして、なぜか『新』の文字をいただいている本作。

「新たなスタート」「原点回帰」

という意味でしょうか。

小林俊一監督は『男はつらいよ』の名付け親でもあり、映画の前身であるテレビ版(全26作)の

監督的な立場にあった方だそうです。

残念なことにTVシリーズの

ほとんどが消失してしまいました。

しかしこれも、現代の感覚からいうとそう思えるというだけで、60年代当時、日本のテレビ番組は、次から次へと消えていく、それこそ三度三度のゴハンのような

ものだったのかもしれません。

まあしかしそんなことを言っても

惜しいことに変わりはないですね。

本作はそのテレビ版シナリオが、元ネタなのだとか。

そういうわけですから、第4作を観て、幻のテレビ版に思いをはせてみるのも

また楽しいのではないかと思います。

この「ハワイ騒動」は、テレビ版でも描かれています。 稲垣俊さんが脚本を書いた、第4回(1968年10月24日放送)で櫻(長山藍子さん)から「ハワイに行きたい」と聞いた寅さんが、競馬で大穴をあてて、おいちゃん、おばちゃん、櫻をハワイ旅行に連れて行こうとします。 続く、山田洋次監督が書いた第5回(10月31日放送)では、肝心の旅行会社が倒産してハワイ旅行がおじゃんになります。 櫻はおいちゃん、おばちゃんを慰めるために芝居見物に連れて行くことになり、寅さんは留守番を買って出ます。 ところがおいちゃんが大事にしているウィスキーを飲んで酔った寅さんがウトウトしていると、そこへ泥棒が入ってきます。 寅さんがその泥棒を捕まえてみると、昔なじみの仲間・山本久太郎(佐山俊二さん)だったという展開です。

みんなの寅さん (文化放送より)

ドロボウ役の財津一郎の存在感が強烈です。

前半しか出番がないのはもったいないです。

てっきり後半も出てくるものとばかり思っていました。

あらすじ (ネタバレあります!)

競馬で大穴を当てたわれらが寅さん(渥美清)。

おいちゃん(森川信)、おばちゃん(三崎千恵子)を

ハワイ旅行に連れてってやるよ、と大盤振る舞い。

見栄が言わせたセリフではありましたが、根は心の優しい寅さんです。

柴又界隈での人気も一気に上昇。

寅さんの元舎弟で、いまは旅行会社に勤めている

登(秋野太作)に旅行の手配を頼みますが、社長(浜村淳)に金を持ち逃げされてしまいます。

しかし、ここまできて

https://www.23notebook.net/wp-content/uploads/2019/06/551426a460c9b38d2c4a508d710ae694.png" 旅行に行けませんでした

ではメンツが立ちません。

ここはひとつ苦肉の策で、周りには行ったことにして、そのあいだ

家の中で息をひそめて暮らそうということに。

しかし、なんというタイミング。

夜中にドロボウ(財津一郎)に入られて大騒ぎ。

結局、町中にバレてしまいます。

それが元で家族ゲンカとなり、寅さんは余儀なく旅へ出ることに。

ひと月後に戻ってみると、二階の寅さんの部屋は間借りされていました。

こういうことには人一倍敏感な寅さん。

嘆き、悲しみ、怒ります。

しかし借り主が春子(栗原小巻)という

美人の幼稚園の先生であることが分かると

とたんに態度が一変。

ものわかりのよい好青年に変身です。

(おそらくはつかのまでしょうが)

とにかく幸せな日々が始まるのでした。

美人がそばに引っ越してきた。

それだけで男はそわそわするもの。

となりの寮の工員さんたちも

気がそぞろではありません。

そうなると今度は寅さんが面白くありません。

春子さんのお姿を見せてなるものか!

と、塀に板を打ち付けて目張りします。

タコ社長も顔を真っ赤にして怒りますが、春子の取りなしで何とか収まりました。

罪作りな美人、春子には悩みがありました。

父親との確執です。

わだかまりが解けないままで父は他界。

春子の心は沈みがちです。

しかし彼女は下宿先に恵まれていました。

悲しんでいる人を見るとほうっておけない

「とらや」の人たちのおかげもあって

春子は再び笑顔を取り戻したのでした。

(“おいちゃん”役の森川信「婦系図」が聴きどころ!)

大いに喜ぶ寅さんたちでしたが、春子にはすでに心に決めた人がいたのです。

すべてをのみこみ、ふたたび旅に出る寅さん。

汽車の中で、得意の話芸を披露します。

ハワイ旅行がダメになった話から、ドロボウ騒動まで、おもしろおかしく語り、乗客たちをこれでもかとばかりに沸かせるのでした。

監督:小林俊一

脚色:山田洋次、宮崎晃

音楽:山本直純

キャスト

車寅次郎:渥美清 諏訪さくら:倍賞千恵子 車竜造:森川信 車つね:三崎千恵子 諏訪博:前田吟 たこ社長(桂梅太郎):太宰久雄 源公:佐藤蛾次郎 御前様:笠智衆 泥棒:財津一郎 蓬莱屋:佐山俊二 弁天屋:二見忠男 吉田医師:三島雅夫 宇佐美春子:栗原小巻 諏訪満男:中村はやと 川又登:津坂匡章(現・秋野太作) 旅行社社長:浜村純 会沢隆夫:横内正 峠茶屋の老婆:村瀬幸子 郵便配達夫:関口銀三

ご近所さん:谷よしの

<男はつらいよシリーズ - 極私的星取り表>

No.01 ★★★★☆

男はつらいよ (光本幸子、志村喬、広川太一郎)

No.02 ★★★☆☆

続・男はつらいよ (佐藤オリエ、東野英治郎、ミヤコ蝶々、山崎努)

No.03 ★★☆☆☆

男はつらいよ フーテンの寅 (新珠三千代、香山美子、河原崎建三、花沢徳衛)

No.04 ★★☆☆☆

新・男はつらいよ (栗原小巻、財津一郎、三島雅夫、横内正)

No.05 ★★★★☆

男はつらいよ 望郷篇 (長山藍子、杉山とく子、井川比佐志、松山省二)

No.06 ★★★☆☆

男はつらいよ 純情篇 (若尾文子、森繁久彌、宮本信子、垂水悟郎)

No.07 ★★☆☆☆

男はつらいよ 奮闘篇 (榊原るみ、ミヤコ蝶々、田中邦衛、柳家小さん)

No.08 ★★★★☆

男はつらいよ 寅次郎恋歌 (池内淳子、吉田義夫、岡本茉利、志村喬)

No.09 ★★★★★

男はつらいよ 柴又慕情 (吉永小百合、宮口精二、佐山俊二)

No.10 ★★☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎夢枕 (八千草薫、田中絹代、米倉斉加年)

No.11 ★★★★☆

男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (浅丘ルリ子、織本順吉、毒蝮三太夫)

No.12 ★★★☆☆

男はつらいよ 私の寅さん (岸惠子、前田武彦、津川雅彦)

No.13 ★★★★★

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ (吉永小百合、高田敏江、宮口精二)

No.14 ★★☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎子守唄 (十朱幸代、月亭八方、春川ますみ、上條恒彦)

No.15 ★★★★☆

男はつらいよ 寅次郎相合い傘 (浅丘ルリ子、船越英二)

No.16 ★★☆☆☆

男はつらいよ 葛飾立志篇 (樫山文枝、桜田淳子、米倉斉加年、大滝秀治、小林桂樹)

No.17 ★★★★★

男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け (太地喜和子、宇野重吉、岡田嘉子)

No.18 ★★★☆☆

男はつらいよ 寅次郎純情詩集 (京マチ子、檀ふみ、浦辺粂子)

No.19 ★★★☆☆

男はつらいよ 寅次郎と殿様 (真野響子、嵐寛寿郎、三木のり平、平田昭彦)

No.20 ★★★☆☆

男はつらいよ 寅次郎頑張れ! (藤村志保、中村雅俊、大竹しのぶ)

No.21 ★☆☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく (木の実ナナ、武田鉄矢、竜雷太)

No.22 ★★★★☆

男はつらいよ 噂の寅次郎 (大原麗子、室田日出男、泉ピン子、志村喬)

No.23 ★★★★☆

男はつらいよ 翔んでる寅次郎 (桃井かおり、湯原昌幸、布施明、木暮実千代)

No.24 ★★☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎春の夢 (香川京子、ハーブ・エデルマン、林寛子)

No.25 ※※※※※ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 (浅丘ルリ子、江藤潤)

No.26 ★★★☆☆

男はつらいよ 寅次郎かもめ歌 (伊藤蘭、松村達雄、村田雄浩)

No.27 ★★★☆☆

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 (松坂慶子、芦屋雁之助)

No.28 ★★★☆☆

男はつらいよ 寅次郎紙風船 (音無美紀子、地井武男、岸本加世子、小沢昭一)

No.29 ★★☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 (いしだあゆみ、片岡仁左衛門)

No.30 ★★★☆☆

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎 (田中裕子、沢田研二、朝丘雪路)

No.31 ★★★☆☆

男はつらいよ 旅と女と寅次郎 (都はるみ、北林谷栄、中北千枝子、藤岡琢也)

No.32 ★★★★★

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 (竹下景子、松村達雄、中井貴一、杉田かおる)

No.33 ★★★☆☆

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 (中原理恵、渡瀬恒彦、佐藤B作、秋野太作)

No.34 ★★☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎真実一路 (大原麗子、米倉斉加年、風見章子、津島恵子、辰巳柳太郎)

No.35 ★★☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎恋愛塾 (樋口可南子、平田満、初井言榮)

No.36 ★★★★☆

男はつらいよ 柴又より愛をこめて (栗原小巻、川谷拓三)

No.37 ★☆☆☆☆

男はつらいよ 幸福の青い鳥 (志穂美悦子、長渕剛、桜井センリ)

No.38 ★★★★☆

男はつらいよ 知床慕情 (竹下景子、三船敏郎、淡路恵子)

No.39 ★★☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎物語 (秋吉久美子、五月みどり、河内桃子)

No.40 ★★★★☆

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 (三田佳子、三田寛子、尾美としのり、鈴木光枝)

No.41 ★★☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎心の旅路 (竹下景子、淡路恵子、柄本明)

No.42 ★☆☆☆☆

男はつらいよ ぼくの伯父さん (後藤久美子、檀ふみ、夏木マリ、尾藤イサオ)

No.43 ★★★★☆

男はつらいよ 寅次郎の休日 (後藤久美子、夏木マリ、寺尾聰、宮崎美子)

No.44 ★★★☆☆

男はつらいよ 寅次郎の告白 (後藤久美子、吉田日出子、夏木マリ)

No.45 ★★★★★

男はつらいよ 寅次郎の青春 (後藤久美子、風吹ジュン、永瀬正敏、夏木マリ)

No.46 ★★★☆☆

男はつらいよ 寅次郎の縁談 (城山美佳子、松坂慶子、島田正吾、光本幸子)

No.47 ★★★★☆

男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 (牧瀬里穂、かたせ梨乃、小林幸子)

No.48 ★★☆☆☆

男はつらいよ 寅次郎紅の花 (後藤久美子、浅丘ルリ子、夏木マリ、田中邦衛、村山富市、宮川大助・花子)

特別編 [1997.11.22] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇 (浅丘ルリ子、江藤潤) TV版 ★★★☆☆ テレビドラマ版 男はつらいよ番外編 山田洋次監督が語る「森川信」4つのエピソード。『男はつらいよ』 | 23notebook 『男はつらいよ』が嫌い – というエントリの気持ち分かります。 | 23notebook