マンガを投稿するなら「コミチ」がお薦めです|『バレンタイン“十和”編』 大福むすめ 第35話

今日は私がマンガを投稿しているサイト「コミチ」の紹介をします。 マンガを投稿したいけれど、たくさんサイトがありすぎてどこにすればいいのか迷っている、という方がいらっしゃったら、私は「コミチ」をお薦めします。 「コミチ」のいちばんの推しポイン…

『バレンタイン“モモエ”編』 大福むすめ 第34話

こんにちは。この世から“2月14日”がなくなってしまえばいいと願っている管理人です。 こういう季節イベントは描いとけ、と東村アキコ先生が仰っていたので挑戦してみました。 ※ ソースはこちら ↓ マンガ家再入門(2) (モーニングコミックス) 3部作の第1弾…

『ぼくらは今日も聖地をめざす』 大福むすめ 第33話

思ったより時間がかかりませんでした。 バックがほぼ黒でよかったのと、少年たちのコスチュームも髪も瞳の色も白でよかったからです。 最初に発表したとき、反応があまりなかったのは、予想していたとは言え、ちょっと落ち込みました。 でも、支持してくださ…

『モモエ vs. 宇宙人(その2)』「大福むすめ」第32話

というわけで、タコ星人はダイフク父さんに食べられてしまったわけですけど、なんかもったいなかったですね。 もしこのマンガが長く続くのであれば、準レギュラーになってほしいキャラクターでした。 未知の生命体を食べてしまったダイフクの体に何か異変が…

『モモエ vs. 宇宙人(その1)』「大福むすめ」第31話

妹“十和”のために、自分の危険もかえりみず戦おうとする優しい姉“藻萌(ももえ)”を表現したかったのですが、いまひとつうまくいきませんでした。 むかし、サッカーW杯の勝敗予想をするタコが話題になりました。 やっぱりなんか特別な能力を持っているんじゃ…

『窓とリンゴ、かんなの夢』「大福むすめ」第30話

左の絵は、「スティーブ・ジョブズ」で検索するとトップに出てくる、自伝にも使われている有名な写真を参考にして描きました。 我ながらひどい絵ですね。 果たして「あのお方」だと分かってくださる方がいらっしゃるのか。 描いた本人さえ心許ないのですから…

『かんなのキャラばれ』 大福むすめ 第29話

マイクロソフトがWindows7のサポートを終了する直前に描いたマンガです。 なので、設定を「サポート終了後」の大福家、に変えました。 Windows10に、私も否応なく替えさせられたわけですが、案の定いいことはひとつもありませんでした。 ATOKをお使いの方な…

『2020年どうなる?出版業界』 大福むすめ 第28話

われながら意味不明な4コマになってしまいました。 言いたかったのは「出版業界は今後ますます厳しい闘いを強いられるだろう」ということなんですけど、とちゅうから日和ったこともあり、テーマがぼやけまくりです。 そもそも横溝正史原作、角川映画の『犬神…

『リスニングテストの鬼ルール』 大福むすめ 第27話

TOEICテストで、実際に体験した二つのエピソードを元に、マンガにしてみました。 今のルールのままだと、故意に試験を妨害しようと思えばできてしまうので、よろしくないです。 映画『ロスト・イン・トランスレーション』のこんなシーンを思い出しました。 日…

『カルロス・ゴーン氏とオヤジギャグ』 大福むすめ 第26話

このマンガを描いた当時は‥‥とはいってもひと月ほど前なんですが、カルロス・ゴーン氏の話題で持ちきりでした。 「許せん!」という人と、「自分が同じ立場だったらそうする」という人で、意見が真っ二つに割れていました。 今や、ほとんど話題に上らなくなっ…

『ビューティフル・ウォーズ』 大福むすめ 第25話

こんな漫画を描きましたが、『スター・ウォーズ』はまだ観ていません。 別にこだわりがあるわけではなく、なんとなく縁遠いというか‥‥。 『スター・トレック』もそうですね。 でも『ギャラクシー・クエスト』は大好きです。 『ブレードランナー』もいいですよね…

『戻りバチ(ちょっとホラーなお話です)』 大福むすめ 第24話

全然笑えない4コマ漫画です。 もっとこわい感じに描ければ良かったのですが‥‥。 それ以前に意味が分かりませんよね。 女は常日ごろから、男と別れたい、男が死ねばいいと思っていた。 そんな折、町野家のスズメバチ駆除を見かけて、ある計画を思いついて‥‥と…

『皆殺しの女王』 「大福むすめ」第23話

『女王』シリーズ第2弾です。 このお話は実体験をもとにしました。 スズメバチを駆除したあとも、1~2週間は戻りバチがウロウロしているので油断は禁物です。 彼らはもはや行き場がないし、食べ物も幼虫から口移しでもらっていたので、あとは餓死するのを待…

『宇宙の女王』 大福むすめ 第22話

1コマ目、モモエの瞳には、昆虫の白い陰を描いたのですが、こんなのだれも気づくわけがないですよね。 バカなことに時間を費やしたものです。 描いた本人も忘れていました。

『ヘゴロのおこない』 大福むすめ 第21話